page contents

ひと手間Weblog

玄人はだしの逸品から箸にも棒にも掛からぬ駄作と+α を色々とご紹介

乗り物-クルマ

ジムニー用リアラダーのボルトナットを黒染め化

ジムニーに取り付けた中華製のリアラダーは、チッピング塗装が施されたアルミ製で、チープさは全くない。ところが、ユニクロメッキのボルトナットが、個人的には興醒めだ。そこで、黒の油性マーカーペンで塗ってみたのだけれど、天候の影響ですぐにまだら模…

ジムニーにアンドロイドナビ導入 ― 活用編

ジムニーに取り付けたアンドロイドナビKURATU・K8を使い始めてみた。その第一印象は、カーナビメーカー製のように、誰もが使えるようなユーザビリティはないということだ。その反面、ある程度スマートフォンを使いこなせるスキルがあれば、このアンドロイド…

ジムニーにアンドロイドナビ導入 ― 取付編

ジムニーに取り付けていたHDDナビの地図が古くなったのに加え、倅がiPhoneと接続できないと不便だとのたまうのだ。そんなこともあり、置き換えることにしたのだが、昨今では面白そうなナビが発売されていた。アンドロイドナビというヤツだ。2DINサイズに対応…

ジムニーのロッド式アンテナをマイクロアンテナに交換

ジムニー購入時から気になっていた折れ曲がったロッド式アンテナ。出し入れの手間もあるが、折れ曲がったことで何より引き出し難いのだ。そこでネット情報を元に、思い切ってスズキ純正のマイクロアンテナに交換した。元々はワゴンR用のものらしいが、取り付…

ジムニーのヘッドライトをクリアに

太陽の下に晒されていると日焼けてしてくるのはしょうがない。とはいえ、ポリカーボネート製のヘッドライトが焼けると、何故かみすぼらしく見えてしまう。その対策用にケミカル処理の製品が、数多く出回ってるぐらいだ。これの解決にはヘッドライトユニット…

ルーフラック&リアラダーとブラッドレーVのこだわり

クロカン四駆に乗り出したのは、ジムニーJA11型が最初だった。相方用だったものが、乗ると面白くて奪うような形で数々のモディファイを行うことに。ルーフラック&リアラダー、ブラッドレーVは、マイルールで外せないクロカン四駆のアイテムとなってしまっ…

ブレーキペダルがホームポジションという発想

ブレーキペダルではなく、間違えてアクセルペダルを踏んでしまう。なぜ踏み間違いが起こるのか。それは自動車教習所で習ったペダル操作に主因があるように思う。ペダルの踏み間違いをしないためには、どうすればよいのか。かかととひねりがポイントとなる、…

スズキ ジムニーJB23W-4型荷台の段差を解消する

塗装コンパネ*1を利用して、ジムニー荷室の段差を解消するスペーサーを作成してみた。カーペットとカッティングシートを組み合わせることで、純正オプションのような仕上がりとなった。 換気の注意喚起 超便利な棚型スペーサー あるとないでは大違い 換気の…

ホンダビート純正フォグをLED&イエローバルブ化

今回純正バンパーに戻したのを機に、フォグランプをLED化してみた。LEDはH3型のホワイトをインストール。さらにクリアイエローフィルムを貼って、イエローバルブのようにしてみてた。色温度が当てにならない中国製LEDのイエローバルブ化は、ホワイトLEDとク…

ホンダ ビートと純正リアバンパーのモディファイ

ビートに乗り始めて17年になるが、未だに愛着がある。決して速くはないし、乗り心地がいい分けでもない。ではなぜなのか。それは、運転してるだけで楽しいクルマだからだ。たとえスピードが出てなくても、街の交差点をただ曲がるだけでもワクワクする。恐ら…

スズキ ジムニー用にスマホホルダーを加工する

ジムニーに使っていたスマホホルダーを、ビート同様の加工をしてみた。こちらは壊れてしまったものの再利用ではなく、Scrap and Buildで行っている。取り付け板の形状などは違うけれど、ビートで製作した時のノウハウを投入して、使い勝手の良いものができ上…

ホンダ ビート用にスマホホルダーを加工する

ホンダ ビートを2002年の2月に、4万キロに満たない程度のいい中古車を購入して、早いもので17年になる。この狭いスペースにスマホホルダーを取り付けようとしているのだけれど、どこにも付けられそうにない。エアコンルーバーに取り付けるのは好みでないし、…