page contents

ひと手間Weblog

玄人はだしの逸品から箸にも棒にも掛からぬ駄作と+α を色々とご紹介

ホンダCBX125Fのレストア ― メーター周り-中編

軸の抜けたVT250FC用タコメーターユニット残念ながら、一歩進んで二歩下がるどころではなく、大幅に後退するような展開になってしまったメーター周りのレストア。ここは、得意のニコイチ化で乗り切ることにし、代替となるメーターを探すことにした……。

VT250F用メーターを所望

復調しなかったたVT250FC用タコメーターユニット
VT250F電気式タコメーターの抜けた軸とカラーを、何とか組み入れてみた。しかし、戻したカラーの位置が適切でないのか、超極細の配線が切れてしまったのかは分からないが、復帰はならなかった。

メーターケースをバイクから外し、室内に持ち込んでタコメーターユニットを確認する。左右双方向のらせん状のパーツやプラパーツに巻いた可動するコイルなどが外れている。さらに小さなカラーが、ユニット内に落ちていた。門外漢ゆえ、全くに持って理解不能で、こうなると元に戻すのは至難の業だろう。しかし、パーツの配置などや構造を確認しながら戻してみることにした。小さなカラーがどこに入るのかよく分からなかったので、該当しそうな位置にカラーを配置して組み直してみた。すると、メーターの指針が動くようにはなったのだが、本来の動きとは程遠く完全な復調までには至らなかった。 

油性マーカーの補修で失敗した燃料計の文字盤
燃料計の文字盤が白ッ茶けていたので、油性マーカーで補修を試みたのだが、これが大失敗。ご覧のような悲惨な状況に。

タコメーターが機能しなくなってしまったので、やむをえず同一の中古品を探すことにした。本来ならCBX125Fのメーターを探せば良いのだが、機械式タコメーターが機能するか全く分からない。それにCBX125Fのメーターの中古品は、不人気車種だった割には球数がないが故なのか何故か高価なのだ。ということもあり、電気式タコメーターで再構築を行った方が賢明だろう。VT250F用メーター一式をネット検索すると、幸いにも直ぐに見つけることができた。見つけたのはアップガレージにあった、スピードメーターが故障したVT250FC用のジャンク品だ。

 

【案の定】メーターのニコイチ化

VT250FC用メーターユニットを調達
アップガレージのウエブサイトで、スピードメーター故障のジャンク品として販売されていたVT250FC用メーター。開梱時に撮影を忘れ、既に両文字盤を外したドンガラ状態。

価格はスピードメーター故障のジャンク品ということあり、990円+税(+送料)と安価だったので助かった。必要なのはタコメーターユニットなので、ウェブサイトの掲載内容から判断すると大丈夫だろう。商品が届きメーターを確認しつつ分解していく。VT250FC用タコメーターをCBX125Fケースにあてがうと、文字盤が若干大き目でメーターケース内に上手く収まらないのが分かった。文字盤の周囲を1ミリほどカットして、小ぶりにすれば問題なく収まるようだ。前回針を外すことに失敗したので、慎重を期して針と文字盤をタコメーターユニットに取り付けたまま、糸ノコでカットすることにした。

タコメーター文字盤の周囲を糸ノコでをカット
タコメーターユニットを取り付けた状蓼で、文字盤周囲を苦労して糸ノコでカットしたのだが、結局この後に針を外すことに……。速度警告燈インジケーターレンズを外し、何やら画策中……。

文字盤の素材がプラスチックなので、ほぼ1ミリ幅で全周分を切り出すことは造作ない。と言いたいところだが、タコメーターユニットを取り付けた状態では、─文字盤が糸ノコ台の上ではなく、宙に浮いた状態になる─さすがにカットしづらかった。文字盤のカットした周囲をヤスリで整え、メーターケース内に収めてみる。バッチリ収まったので、前回製作したステーに、タコメーターユニットをセットすることにした。タコメーターのコントロール基盤を取り付け、ステーにセットしたタコメーターユニットを組み込んでいく。メーターケース内部用の白いカバーも干渉せずに問題なく取り付けられた。これでやっとこさ振り出しに戻った……。

─ 後編へ続く ─